沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 2月や3月に青の洞窟へ行ってみよう

2月や3月に青の洞窟へ行ってみよう

沖縄へ行くのであれば、夏に行きたいでしょう。夏の青い空や青い海を楽しみたいのが本音でしょう。
また夏場だと荷物も少なくすむので移動もしやすく、格安航空会社を利用すると安くなりやすいです。

しかし、そんな沖縄も2月や3月でもあちこちの観光スポットで楽しむことができます。それは青の洞窟でだって同じなのです。

夏場はとても大変

ダイビングショップも夏場はとても忙しくて、毎日ツアーがあります。予約も多くて1日に4~5本くらいはツアーをやっていて、ガイドが多くの申し込み者を相手しています。そのため、なかなかダイビングの説明やまたその場所の説明など詳しくできないこともあるようです。
時には、次のために急いで切り上げるなんてこともあったりします。夏場は回すのに大変なのです。

2月や3月は閑散としていて

それに比べると、2月や3月は閑散としています。この時期に来る人もやはり経験者や上級者、リピーターが多くなるそうです。
ですので、夏場に混んでいた青の洞窟だってかなり空いています。わざわざ2月や3月に行かなくてもと思うかもしれませんが、実はこの時期が狙い目です。というのも閑散としているので、ショップも客引きをするために、料金を安くすることが多くなるからです。それでいて、潜れる時間も空いているので長めになることもあります。

また、青の洞窟の説明やその他の説明も詳しくなったり、サービスも手厚くなるといったこともあるので、夏場でせかせかして青の洞窟を潜るよりも2月や3月の方がいいかもしれません。ゆったりも潜れて楽しめるのは、この時期が狙い目と言えます。

大学生の卒業旅行に

そして、2月や3月は大学生の卒業旅行と盛んです。ぜひ、利用してみてもいいでしょう。

少しタイミングをずらすとより青の洞窟を楽しめるようになるでしょう。

関連する記事