沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 青の洞窟で混雑しない時間帯

青の洞窟で混雑しない時間帯

青の洞窟は沖縄の真栄田岬にある人気のスポットで観光だけでなくシュノーケリングやスキューバーダイビングを楽しむ人達が多いです。この記事では【青の洞窟で混雑しない時間帯】について詳しく解説します。参考にしてみてください。

観光客が多い10時から14時

海の透明度は普通の場所ならば時間帯によって変わることは少ないです。しかし、青の洞窟は違います。10時から14時は綺麗に見えるのです。また、那覇や名護から1時間程度かかりますから、ちょうどこの時間帯に集中します。前後の時間帯を狙うほうが海の中をゆっくり見ることができます。

夏場のシーズンになると海まで降りる階段に行列が!

30分待ちになることも珍しくありません。できるだけ10時から14時を避けましょう。早朝7時から9時頃かピークをすぎた15時以降が狙い目です。その場合は、朝ホテルでゆっくりはしてられません。マリンスポーツをする時間帯を調整しておけば多少はスケジュール調整できるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?青の洞窟で混雑しない時間帯についてお話しました。せっかくの青の洞窟の観光ですが、観光客だらけだったら、ちょっとガッカリしてしまうこともあります。一番スケジュールが組みやすい10時から14時を外すと、人数も少なくなってゆっくりと観光したり、シュノーケリングしたりできます。工夫してみてはどうでしょうか?

シュノーケリングならば初心者でも潜れます。ダイビングの場合は体験ダイビングをすればいいです。この場合は特にライセンスを持っていなくてもチャレンジできるので人気のアクティビティーになっていますね。

関連する記事