沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 青の洞窟が空いている季節

青の洞窟が空いている季節

沖縄県にある青の洞窟に、旅行を計画している人もいるでしょう。
どうせ旅行に行くのであれば、ベストなタイミングを選びたいものです。
ここは、どの季節が空いているのでしょうか?

季節によって風向きが変わります

沖縄にある青の洞窟は、季節によっては混み合うことがあります。
このようなマリンスポーツは、その日の海の状態が大きく影響してきますので、慎重に選ぶ必要があります。
青の洞窟のある真栄田岬は、地理的に北側に面しています。
そのため北風が強いと波が高くなり、マリンスポーツを存分に楽しむことかできません。
しかし、その分人は少なくなります。
反対に南寄りの風であれば、全体的に穏やかな状態になることが多いようです。
沖縄は季節によっては、風向きが一定の時があります。
春から夏場は南風が多いので、海のコンディションは安定してきます。
また、5月~8月は台風の影響がありますが、もし台風がなければ高い確率で楽しむことができます。
コンディションを取るなら5月~8月の台風がない日、とにかく空いている日を重視するなら5月~8月以外に行くのがいいでしょう。

時間帯について

オススメの季節が分かったら、次は時間帯です。
青の洞窟に行くオススメの時間帯は、季節によって大きく変わってきます。
異なる理由として、海の景色が大きく影響しています。
景色が良くなると、混雑状況も激しくなる可能性があります。
海の透明度は午前中の方がキレイですので、空いている時間帯を狙いたいのであれば午後に行くのがいいでしょう。

季節によって混雑度は変わります

沖縄の青の洞窟は人気のある観光スポットですので、季節によっては混雑することが多いです。
特に南寄りの風が多くなる、春から夏場は混雑することが考えられます。
空いている季節を選ぶなら、それ以外の日を選ぶようにしましょう。

関連する記事