沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 青の洞窟のお勧めの時間帯と夜

青の洞窟のお勧めの時間帯と夜

青の洞窟とは、言葉通り洞窟の水が青に見える事からその名が名づけられました。
非常に神秘的な海の色ですが、実は水温や時間帯によって青色でも、ターコイズブルーになったり、エメラルドグリーンになったりと、見え方が変化します。
では、青の洞窟のオススメの時間帯について紹介します。

青の洞窟のオススメの時間帯

青の洞窟は人気スポットなので、観光シーズンはどうしても混雑し、長蛇の列になっています。
いくら神秘的な景色とは言え、混雑している状況では、ゆっくり楽しむ事が出来ません。
そのため人と時間をずらす事をオススメします。

混雑する時間帯が10~13時頃なので、その時間を避けて、早朝のツアーや夕方のツアーへの申し込みをオススメします。
ちなみに早朝の場合は海の透明度が高いので、より明確に青色の海を堪能する事が出来ます。

そして夕方の場合は、日が沈んで危なくない?
そう思う人もいるかもしれません。
ですが沖縄の日没は遅く、19時前後なので、夕方でも暗くて視界が悪いという状況にはならないので安心して下さい。

夜の青の洞窟について

先ほど夕方の青の洞窟について少し紹介しましたが、実はナイトヒーリングと言って夜のツアーも存在しています。
夜の青の洞窟は、昼間とは全く異なる顔を見る事が出来ます。

さすがに視界が暗いので、海の色が青色だと判別する事は出来ません。
ですが夜だからこそ、空には満点の星空が広がり、海中には夜光虫が光っていて幻想的な世界を楽しむ事が出来ます。

夜は安全性を考慮して、少人数制で開催しています。
そして夜の青の洞窟ツアーの注意点は、アルコールの摂取はNGです。
旅行中は、開放的な気持ちになる夕食時にアルコールを摂取する人も少なくないでしょう。

しかしながら酔った状態で海中に入る事は大変危険です。
アルコールを摂取するのは、ツアーが終わった後にするようにして下さい。

関連する記事