沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 青の洞窟で、空いている季節と時間を知っておこう

青の洞窟で、空いている季節と時間を知っておこう

マリンスポーツと言えば、真っ先にダイビングがあげられます。それほど、やる、やらないにしろダイビングは定着していると言えます。そんなダイビングも例えば旅行の時などにすることがと多いでしょう。

ダイビングと言えば沖縄

やっぱりダイビングと言えば、青い海、美しい海を持つ沖縄でしたいものです。もし、旅行の予定に入っていなくても、沖縄についてみたら、ダイビングショップの多さにびっくりしたり、やってみようかという気持ちになりやすいです。

春先や秋は空いている

ダイビングをするには、やっばりキレイな海やちょっと変わった海などを体験したいものです。そんな要望にこたえるならば、青の洞窟かいいでしょう。青の洞窟は、沖縄県の恩納村にあります。夏にもなれば、青の洞窟行くまでに人の渋滞ができるなんて日もあるくらいです。
そんな青の洞窟も春先の4月~5月、秋の9月~10月は夏場に比べると空いている時期とも言われています。それぞれ連休やゴールデンウィークがありますが、それを除けば、空いていて、ダイビングもしやすいでしょう。冬の青の洞窟もいいのですが、やっぱり沖縄に行くなら暖かい時期に行きたいのが、人の心理でしょう。

夏場にいくときには

空いている時期ではなく、なつばや混んでいる時期に行くときには、時間帯を変えましょう。朝の9時から14までは一番海を混む時間帯です。その時間よりも朝は7時から8時スタート、夕方は15時以降スタートのツアーをするといいでしょう。朝早かったり、夕方からでも青の洞窟の海は美しいです。早い時間や夕方だと人も減るので、それだけ他の人が見ていない青の洞窟を見るということにもなります。人の混雑も少なくて、いつもと違う海を見た方がお得と言えるかもしれません。

最後に

春先や秋のほうが、沖縄の気候も過ごしやすく、海も穏やかになるので、ちょっとこの時期を狙った方がいいかもしれません。人と違った時期の青の洞窟が思い出にもなるでしょう。

関連する記事