沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 空いている時期は、魚と遊んでみよう

空いている時期は、魚と遊んでみよう

海に入って海水浴をするのも、楽しいです。とくに沖縄のリゾートビーチだと、キレイな海やビーチで、より楽しめるでしょう。日光浴をするのもいいでしょう。

沖縄の海を楽しむには

沖縄の海をもっと楽しむには、やっぱりダイビングやシュノーケリングがいいかもしれません。沖縄の水中に入れば、さらにそのキレイな海に癒されたりして楽しいでしょう。今だとツアーでそのときの様子を写真にとってもくれて、思い出にも残ります。

もちろん、青の洞窟でも

そんな沖縄でも青の洞窟で遊ぶとさらに楽しめます。沖縄の南部からでも北部からでも行きやすい恩納村にあり、青の洞窟も移動手段によっては、多少は時間かかりますが、その間も風景を楽しめます。
そして、青の洞窟へ入れば魚も楽しめます。その魚を楽しむのも、例えば10月以降から5月までも間は空いてきます。そのころだと、カクレクマノミ、ツバメウオ、ハナミノカサゴといった魚が見れて楽しめます。
クマノミはアニメ映画にもなってそれをきっかけに人気になりました。青の洞窟ツアーやその他のダイビングショップのツアーでもよくクマノミに出会おうというツアーが組まれていて、ダイビングやシュノーケリングの世界では一番身近な魚と言えます。
ツバメウオは見た目にもかわいくて、またなつきやすいという特長があります。ぜひ餌付けをしてみてください。あなたが餌付けをすると、今度は次の人が楽しめるようになるのです。
次にハナミノカサゴです。珊瑚によくいます。姿もキレイなのもいいです。ハナミノカサゴを探しながら、珊瑚も楽しめるので一気に2つ楽しめます。
これらの他にも時にはウツボもみれます。もちろん、近づいてはいけませんが、距離をとってみるのも、思い出になるでしょう。

さらに空いている時期だと、こうした魚が餌にさらに寄ってきます。夏の餌上げよりも空いている時期の方が、魚の食いつきもよくて、よくみれるのでいいです。

最後に

比較的に9、10月頃から空き始める青の洞窟、ぜひこの時期以降にいって、魚たちと遊んでみましょう。

関連する記事