沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 沖縄青の洞窟は冬にも行ってみよう

沖縄青の洞窟は冬にも行ってみよう

沖縄はやっぱり、夏に行きたいです。青い空のもと、透き通った青い海で泳いだり、ダイビングやシュノーケリングを楽しみたいものです。

青の洞窟でも夏は混んでいる

そんな夏になると、観光シーズンですので、大勢の観光客が沖縄にやって来ます。夏休みにもなれば、家族連れも増え、どこのホテルも満杯になります。そうなれば、リゾートビーチも人がいっぱいになりますし、ダイビングショップでも予約がいっぱいになります。夏は予約がとるのすら、難しくなるのです。

沖縄の有名な青の洞窟というポイントもダイビングをするにはもってこいの場所です。しかし、夏になると、青の洞窟でダイビングをするのはもちろん、青の洞窟へ行くまでの道すら人だかりで、何十分、何時間まちになることもあるのです。

ダイビングならば、冬に行こう

ダイビングも夏にするものと思われていますが、冬でも多くの人がやっています。また、ダイビングショップも冬も営業していますから、ツアーに参加することは可能です。
冬の場合だと、観光シーズンもすぎて、人もそれなり観光客もへります。そのぶん、青の洞窟へ訪れる人も減るので、予約もとりやすくなります。冬になれば、青の洞窟までの道も混雑もへり、スムーズに進めますし、青の洞窟内も人が減るのでより楽しく、人に気兼ねせずに楽しめるでしょう。うまくいけば、他のツアー客がいなくて、青の洞窟を貸しきり状態になるなんてこともあるかもしれません。

冬の場合だとショップの人のサービスも手厚くなるかも

ダイビングショップのツアーの料金も冬場には多少安くなったりすることもあります。また、ショップの人もツアーの参加者が減ると、そのぶんだけサービスエリを手厚くしたり、サポートしやすくなります。冬のほうがいろいろとしつもんや話をしやすくて、青の洞窟やダイビングのことに詳しくなるかもしれません。

最後に

沖縄といえば、やっぱり夏ですが、冬にも楽しむことは可能です。ダイビングについては、さらに楽しめる可能性があります。冬の青の洞窟に行ってみましょう。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →