沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 冬の青の洞窟はどんな感じなのか

冬の青の洞窟はどんな感じなのか

あなたは、ダイビングをしてことがありますか。ダイビングをしたことがない人だと、ついダイビングは暖かい時期しかできないのではと思ってしまいます。冬の寒い時期にダイビングできないと思うのも無理はありません。

実は海は暖かい

沖縄は、気候も温かく過ごしやすいです。本土では10度以下も負担からよくありますが、沖縄だと15度を切るのも年に何回かしかありません。冬に沖縄に降り立つと、暖かいと感じてしまいます。もちろん、薄着だと風邪を引くのでそこそこの防寒は必要です。
ところで、そんか沖縄の海はというと実は気温よりも高いのです。水温は冬でも20度前後を保っており、ダイビングをするには大丈夫な水温なのです。
また、ウェットスーツを着ているので寒さも気にせずにダイビングをすることもできます。だからといって、ダイビングスポットまでの移動は、防寒しておくことは忘れてはいけません。

青の洞窟も冬でも大丈夫

青の洞窟という場所があります。ここは、洞窟となっており、海が美しいということでダイビングをする人たちには人気の高い場所です。
冬になると、プランクトンの減少などのりゆうで透明度が増します。夏よりも冬のほうがより綺麗にみえます。ただし、にちぼつが早くので、青の洞窟が1日に行うツアーの回数は、減ります。
青の洞窟ツアーの場合、朝の7時くらいから、夏は始まります。約2時間から3時間くらいを何度か繰り返します。沖縄は日が沈むのも遅いので、遅くまでダイビングをすることもできます。しかし、冬場だと日の出も遅いので、それだけ開始時刻も遅くなるのです。

冬場では魚や生き物も、夏に比べれば冬のほうが少なくなります。もちろん、冬の時期にみれる魚もいますが、全体的に減ります。

最後に

冬になると、ツアーの回数が減ることや魚などの生き物が減ることで、青の洞窟への印象も変わります。そこが改めて青の洞窟や沖縄の海の素晴らしさを知ることにもなります。冬の時期の青の洞窟に来れば、ひと味違ったダイビングをすることができるかもしれません。

関連する記事

:次の記事 →