沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟へ行くときのベストシーズンとは?台風や梅雨の時期はどうすればいいの? - 沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄青の洞窟に行きたいけど空いている季節は?

沖縄には、何百万人もの観光客が訪れています。やっぱり夏場にはその混雑がピークです。空港も飛行機内もホテルも街中も観光地もどこも人混みばかりになります。確かに沖縄を楽しめますが、やっぱり疲れたり、おちつけなかったなんてこともあります。旅行でもやっぱりのんびり過ごしたいというのが理想ではないでしょうか。

夏場と言えばダイビング

夏場の海の楽しみ方といえば、ダイビングは欠かせません。ダイビングも高齢者から子どもまですることが今ではできます。もちろん年齢制限もありますが、でも今では家族連れでもできるものとして、だいぶ身近になりました。その値段も手軽な値段ですので、家族連れでも無理することはないでしょう。また、沖縄にきてからも、急にダイビングをしたくなったからとダイビングショップに予約をいれることも可能なのです。

ところが、夏はダイビングも人混みばかり

ところが夏はダイビングをする人がたくさんいます。あちこちのダイビングショップがツアーを組んでいて、どこも繁盛していると言えるでしょう。
fdew
そんなダイビングをする沖縄のポイントとしては、青の洞窟がオススメです。青の洞窟も洞窟内の海の輝きと洞窟といった特別な空間で、とてもその光景は他では味わうことはできません。その光景を1度味わってみようとする人がますます、増えてくるでしょう。
ところが、そんな青の洞窟のダイビングですが、夏場はやっぱり人混みばかりとなります。青の洞窟へいく真栄田岬から行く道のりの時点で、すでに人混みになってしまうこともあります。夏場や昼間の時間帯は混みやすい時間帯と言えます。さらに青の洞窟内も人が一杯になるなんてこともあります。これだと、せっかくの神秘的な光景もちょっと残念に思ってしまうかもしれません。あと、ダイビングショップへツアーの申し込みをしても希望通りの時間帯を予約できないなんてこともあります。

夏場もいいが、空いている季節を選んでみよう

夏場も青の洞窟は混みますが、他の時期もゴールデンウィークや他の連休など、また春先の学生たちの休みの頃にはなかなか人混みに溢れるかもしれません。
空いている季節と言うとやっぱり先に浮かぶのは冬と言えそうです。冬だと観光客もへるし、それにともなってダイビングも減っていくのです。そうなれば、青の洞窟だって空くの当然でしょう。
青の洞窟を空いている季節に行くメリットとしてはなにがあるのでしょうか。
まずは青の洞窟までの移動での負担も減ります。移動はダイビングも機材を背負っての移動もなるので、負担もかかりますし、夏だと暑さもすごくて熱中症になることもあるかもしれません。ところが人混みがなくなれば、機材をもっての移動は大変ですが、スムーズに進めるので熱中症というような心配もないでしょう。
さらに青の洞窟でも人混みがすくなれば、より貸しきりのような気分も味わえて楽しめるかもしれません。せっかくの青の洞窟を行っても人混みしか見えなかったり、あとうるさかったりとすると楽しめません。せっかくの自然のなかですから、のんびりと過ごしたいものです。また、のんびりと過ごしたいし、人が少ないとそれだけ、人との接触などによる怪我などリスクを避けられます。逆にダイビングショップの人がツアーのほうが少ないと目がいきとどくので、より安全になるでしょう。特に子どもがいる家族連れだと、よりショップの人に見てもらえるのはありがたいです。夏場よりも冬などの季節だと、よりショップの人に見てもらえるように貸しきりのツアーも組めるので、家族連れにはありがたいです。

最後に

沖縄青の洞窟へ行くには、夏場もいいのですが、混んでいる季節をさせたほうがいいメリットもたくさんあります。それをうけたほうが、より楽しめるかもしれません。またさらないい思い出になるかもしれません。
季節によって青の洞窟の様子を別ページにて紹介もしています。そちらも参考にして、沖縄青の洞窟を楽しんでみましょう。